ブログ-米日誌

感動工房室
2019
6
21
感動工房室
感動工房室
感動工房室
カツヤには、「感動工房」という課が本当に実在します。
お客様に「まいったなあ。ここまでやってくれるのか。」と言って頂けるようなサービスを、ワクワクしながら考えています。
お客様に美味しいお米と驚きを。
あの手この手でお届けするのを楽しみにお待ちください。
感動工房室
感動工房室

あけましておめでとうございます。

2018年も皆様にとりまして

素敵な1年になりますように。

充実した1年を過ごすため、

カツヤは食の面で皆様のお役にたてるよう

今年も精進して参ります。

2018年もよろしくお願い致します。

ふくしまの生産者が自信と誇りを持って作り上げた旬の野菜・フルーツ・米・加工品を

紹介するキャンペーン、「ふくしまプライド」。

CMではTOKIOが出演し、応援しています。

「がんばろうふくしま応援店」であるカツヤにもポスターが届きました。

米どころ 福島のお米はおいしく、福島から出荷される農産物の安全性は保障されています。

暑い夏を乗り越えると刈取りの季節も目前。

今年のお米も楽しみですね!

カツヤの契約栽培の地である三次市君田町で7月15日、16日に

あったか村 川とひまわりまつり 2017

が行われました。

西日本1番といわれるひまわり畑は壮大で、摘んで帰ることも出来るんです!

ひまわりだけでなく、町内の5会場では色々な催しが行われていました。

川遊び、ヤマメの掴み取りに塩焼き、野菜の直売、スタンプラリー...

町を挙げたおまつりは一日楽しめるので、

来年はぜひ足を運んでみてください。

カツヤの国内産厳選米シリーズから「ひとめぼれ」が出ました!

国内産の一等米のみ使用し、

各地のひとめぼれをカツヤのノウハウでブレンドした

厳選ひとめぼれ です。

是非一度お試しください!

広島で育った黒米がデビューしました。

ごはんに混ぜて炊いていただくことで、

もちもちごはんになり、

毎日のお食事でポリフェノールや食物繊維を摂取できる黒米。

その名も カツヤの「おこめサプリ」 シリーズ 第一段です。

日々のお食事で プラスアルファ の栄養素を!!

 

あの日から明日で6年。

カツヤは「がんばろう ふくしま!応援店」として

福島をはじめ、東北を応援しています。

本日1月11日は一般的に「鏡開き」の日です。

鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、それを食べるという風習です。

年神様がいらっしゃる間の期間を松の内と言います。(関東は7日、関西は15日)その松の内が終わった後11日に食べるのが鏡開きの始まりだそうです。

鏡餅を開くこと(鏡餅を食べること)で年神様をお送りし、1年の家族の無病息災を願うと言われています。

飾ってそして鏡開きとして開いて食べるという一連の昔ながらの風習を、お子さんにもお話ししながら家族で行ってみませんか。

 

2016年もあと少し。

本年も皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

皆様どうぞよい年をお迎えください。

株式会社カツヤ 社員一同

福岡県築上郡で、農作業代行など農業に関する様々なサービスで

「農業を盛り上げたい!」と取り組んでおられる

アルク農業サービス」様より取れたてのスイートコーンをカツヤ従業員にと

たくさん送っていただきました。

みずみずしくて甘くて、従業員一同とても美味しくいただきました!

旬の味覚で夏を乗り切っていけそうです。

これはいったい何!?と興味をひかれる画像ですよね。こちらは現在15周年を迎えた大阪の某テーマパークで実際に出されているメニューです。

一見赤飯にも見えるこのご飯の正体は、近年健康米として注目されている古代米の一種の「黒米」で炊いたご飯なんです。

黒米」が古代ジュラ紀の世界観を引き立たせて、何かワクワクした気持ちにさせる一品です。

この度ご縁を頂き、カツヤの「黒米」を採用して頂きました。

「健康メニュー」「イベントメニュー」等、カツヤはご飯が様々なシチュエーションを彩る手助けをいたします!

TOPに戻る